Author Archive

病気が増大

シックカー症候群で注意しないといけないのが、知らないうちに他の病気が症状を増す場合が在りますので注意しましょう。

 
シックカー症候群の症状をそのまま放置しているとけかなり大変なことになります。例を挙げるならめまいなどを目の悪い人は、眼科的障害になり、最悪目が見えなくなる場合が在るでしょう。他にも免疫力の低下をして様々な病気にかかりやすくなる状態にもなることが在りますので注意してください。そして、精神的に滅入ることになり、うつ病や不眠症などの症状も出てくることが在りますので注意しましょう。ちなみに、上記で説明しているように元から在った症状が悪化することも多々在りますので注意してください。

 
このようにシックカー症候群で大変なことになる場合が在りますので、出来るだけシックカー症候群の対策をするようにしましょうね。非常に重篤な症状がみられた場合、はっきりと自覚症状が現れるようなこともあるので、きっちりと防げることは防ぐようにしておくことが望ましいといえます。放置しておいても、症状が一向に改善しないこともあるので、出来る限りきっちりとした対応策を講じられるようにしておくのが望ましい方法でもあります。

 

 

 

運転手のシックカー症候群に注意

シックカー症候群に一番注意しないといけないのが運転手です。運転手の人は、注意して身体の状態を確認してください。

 
運転手がシックカー症候群の症状を起こすと大変危険です。どう危険かというと、正常に運転をすることができません。症状に関してはここでは説明しませんが、運転の集中力を妨げる症状が多く、そのまま運転していると事故を起こして2次災害になる場合が在りますので注意してください。だから、出来るだけシックカー症候群の症状が出た場合は、運転を辞めて症状が落ち着くまで待つようにしましょう。その際に自動車の中に居ないで外に出ることを強くオススメしますね。

 
運転手がシックカー症候群を起こすとかなり危険な状態になります。搭乗者のみならず、周りの人に多大に危険な状態にするので注意してください。実際に運転していて、ふらふらする、などの症状が現れてしまうと、非常に危険な状態で運転していることになります。そのような状況は早期の段階で避けるようにしておくことが、より望ましいといえます。放置すると、病状がさらに悪化してしまう危険があるので、十分に対策を講じられるようにしておくことで、病気の予防にも役立てることができるようになります。

 

 

 

 

 

危険な車について

ミュゼ立川 知らなきゃ損!WEBでお得に!
 
シックカー症候群は、新車に出やすいと言うのが現在の認識でしょう。それは、シックハウス症候群と同じように新車に問題が在ることで注意してください。

 
シックカー症候群主な原因となるVOCがある場合があります。だから、乗った時に何か違和感を出したり、症状が出たりした場合は、シックカー症候群になりやすい自動車になっていることが在りますので注意してください。他にも夏場の自動車に注意しましょう。この状態がシックカー症候群に発症しやすい自動車の状態なので、出来るだけ車内の温度に注意するようにしてくださいね。

 
そして、意外かもしれませんが、高級車がシックカー症候群になりやすい場合があります。VOCの濃度が高い場合があり、シックカー症候群になりやすい場合が在りますので注意してください。

 
このようにシックカー症候群になりやすい自動車が在りますので注意しましょう。また、人によっては、アレルギー体質やアトピー体質、体調が悪いときに症状が現れやすい人もいます。過去に実際にこのような症状を体験したことがある人は、事前に問題がないか、チェックしておくのも一つの方法です。現代では、どのような化学物質がその人の体質に合わないかをある程度特定できるようになってきているので、不安な人は医師に相談するのも、方法の一つといえるのではないでしょうか。

 

 

 

2次災害について

シックカー症候群の危険性で一番注意しないといけないのが2次被害です。これをしっかりと注意していないと大変なことになりますので注意してください。

 
2次被害を起こしやすい運転手です。この運転手がシックカー症候群を発症すると大変なことになるでしょう。主にシックカー症候群は、めまい、微熱、頭がぼーとすると言った症状を出しますね。そして、その中で危険なのがめまいと頭がぼーとすることでしょう。めまいは完全に運転中に起こすと危険極まりません。場合によっては前方不注意で大変なことになります。そして、頭がぼーとする症状は、判断力を著しく下げ走行するのが困難になりますので、このような症状が出た場合は、自動車から出た方が良いです。

 
このような症状が出た状態で運転し続けると2次被害を起こす確率がかなり高くなるので注意してください。完全に防ぐことはできませんが、まず車内の空気を換気する、症状が発生したら、意識して車の外に出る、などを続けることによって、症状を緩和することができるケースがあります。ただし、放置しておくと事故にもつながる危険があるので、決して無理はしないでください。安全運転の観点からみると、かなり危険なので、そのあたりの時情も考慮しておくとよいでしょう。

 

 

 

危険性

a0002_004055

 

シックカー症候群の危険性としては、いままで症状が無かった人でも普通に自動車に乗っているだけで発症する点です。これは、シックハウスと同じ様な状態ですが、シックハウスよりも空間が狭いので結構危険でしょう。

 
シックカー症候群の危険なところが狭い空間で発症することで、症状が段々出てきて最終的に結構体がだるくなるので注意しないといけません。特に長時間の走行をすると致命的でしょう。ハッキリ言って辛すぎて自動車に乗っているのも辛くなりますので、そうなる前に対策をするのが良いですね。ミュゼ 八王子店舗情報はこちらです。下手に長時間そのような状態になると大変なことになりますので注意してください。そして、ここで最も注意しないといけないのが運転手です。必ず体に不調が出てきた場合は対策をしましょうね。

 
無理に放置しておくと、さらに悪化する可能性がある病気です。車から一度離れる時間があれば、車に起因しているのか、ということが分かりますが社用車などでこの症状が発生すると、何が原因なのか、自分自身では分からないケースもあります。よく症状などを観察して、無理をしないように注意してください。嘔吐、けいれんなど症状が悪化していくときには、特に注意してください。

 

 

 

高級車の場合

シックカー症候群は高級車においてもよく見られる症状です。何故高級車に限定しているのかと言うと、そこには高級車ならではの事情があったからこそ、シッ クカー症候群になりやすいと言うことがあったからです。その高級車ならではの事情と言うのは、『高級な車』であるからこそ、内装には高級感を出さなければ いけません。

 

特にラグジュアリー系の大型セダンなどに関してはその思考が強く、革張りのシートやウッドパネルと言うように、材質にもこだわりを持たせて車 づくりをしているからです。材質にこだわりを持たせるのはぜんぜんかまわないにしても、そのこだわりの材質の中に人体に有害な物質がふくまれることが多く あるために、高級車の車内がシックカー症候群になりやすいと言うことなのです。

 

大阪府が調べたデータによれば、230万円以上の値段に分類された高級車に おいてこの症状が多く見られたと言うことですが、これだとほぼすべての高級車が当てはまってしまうことになります。なので、ほぼすべての高級車にこの症状 が出て来る可能性が高いと言うことですから、高級車を買って乗りたいと言う人はこの症状が出る危険性があると言うことを常に頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

 

夏場の車内

太陽がさんさんと照りつけ、身体が水分を欲し、海水浴場やキャンプ場では大勢の人でにぎわうのが夏と言う1年のシーズンですが、この夏の自動車の車内にお いても気をつけなければいけません。よく、子供を置き去りにしたまま車を離れてしまい、結果として悲惨なことになってしまうなどと言ういたたまれない事件 が多発する季節であることも知られていますが、それとはまたべつに、シックカー症候群に気をつけなければいけないシーズンでもあるのがこの夏と言う季節な のです。

 

何故、夏場の自動車の車内がシックカー症候群に気をつけなければいけない場所であるのかと言うと、そもそもこのシックカー症候群と言うのは『20 度以上』の気温でなりやすくなると言われています。そして、夏の自動車の車内は一種のサウナの状態でありますから、シートの温度は熱湯の温度とあまり変わ らない『80度』近くまで熱くなってしまうこともあります。するとそのシートや、ウッドパネルなどにふくまれている揮発性の有機化合物が揮発してしまい、 シックカー症候群になりやすくなってしまうのです。ですから長時間の運転を避けたり、窓を開けて換気をして車内の温度を下げるなどと言うことを忘れないよ うにしましょう。

 

 

 

新車の場合

シックハウス症候群が新築の家で起こりやすい症状とされているのとまったく同じように、自動車におけるシックカー症候群も、新車を買って運転をはじめた場 合に起こりやすい症状だと言われています。近年では自動車は中古車で買い求めると言う人が多いため、新車でのこうした症状はあまり聞きません。

 

それに自動 車メーカーも、こうした新車を一般市民へと売り出すときに、シックカー症候群に対しての対策を取ってから売り出すように心がけているのです。しかしなが ら、新車を買った後にこのような症状が出ているのもまた事実なので、新車で自動車を購入した場合には、シックカー症候群になる危険性があると言うことを頭 の片すみにでもインプットしておくと良いでしょう。

 

そうしておくことでめまいや頭痛、くしゃみなどの症状が新車の車内でよく出るようになったときにこの シックカー症候群では無いか、とうたがうことが出来るので、原因の追究にも役に立つことがあります。症状が出やすい時期は、新車で購入した自動車に乗って すぐと言うわけではなく、納車されてからしばらくして出て来るケースが多いので、少なくとも半年くらいは気を抜かずに、新車に慣れることも兼ねてこの症候 群を覚えておきましょう。

 

 

 

症候群になりやすい車内

a0008_000079

 

シックカー症候群になりやすい車内の状況は、実はかぎられていると言っても過言ではありません。そもそも、車内のシートやウッドパネルなどに使われている 有機溶剤などが揮発して、それを体内に吸い込むことでめまいや頭痛などの症状が出るのがシックカー症候群ですが、この揮発しやすい車内の状況は大きく分け て3つあることがわかっています。

 

まずひとつ目は、新築の家で起こりやすいシックハウス症候群と同じように、新車が納車されて、それでしばらく運転してい るときになりやすくなります。それからふたつ目は、気温が高くなる夏のシーズンにおいて、車内の温度がサウナのように暑くなってしまうことで、有機溶剤が 揮発しやすくなってしまうことです。これはドライビングのときに窓を開けて換気をしたり、長時間運転をしないことで防止することが出来ます。

 

そして3つ目 は日本車、外車問わずに高級車に乗っているドライバーが注意しなければいけません。高級車は名前の通り内装の材質も『高級』ですから、ウッドパネルや革張 りのシートなどにこうした溶剤がふくまれており、それがシックカー症候群の原因になってしまうのです。こうした自動車が、シックカー症候群の危険性が高い と言われています。

 

 

 

 

 

対策

シックカー症候群は自動車の車内における危険な症状とされていますが、これは、あのシックハウス症候群と同じものであるにもかかわらず、ハウスの方ばかり が取り上げられて自動車の方はあまり有名になることはありません。何故かと言うと、この実例が今の自動車においてはあまり見られないからです。
 

しかし、有 名で無いだけで実際にこの症状が起こる可能性が自分の車にもある、と言うことは忘れてはいけません。何故あまり有名にならないのかと言うと、そもそも新車 としてその自動車が売り出されはじめる前から、自動車メーカーがシックカー症候群の対策を取っているからです。シックカー症候群をふせぐために自動車メー カーはいろいろな対策をしています。

 

たとえば、トヨタはVDCの発生しない部品を自動車に採用していたり、マツダはVDCの除去剤を加えた空気清浄フィル ターをオプションパーツに設定しました。三菱では天井にホルムアルデヒドを吸収する材質を使用しています。また、シックカー症候群の症状であるくしゃみや めまいなどが自動車を運転していて出てきた場合には、ドライビングのときに窓を開けて換気をしたり、あまり運転をしないように心がけるなどと言うことが個 人の対策となっています。