Archive for the ‘症状と対策法’ Category

病気が増大

シックカー症候群で注意しないといけないのが、知らないうちに他の病気が症状を増す場合が在りますので注意しましょう。

 
シックカー症候群の症状をそのまま放置しているとけかなり大変なことになります。例を挙げるならめまいなどを目の悪い人は、眼科的障害になり、最悪目が見えなくなる場合が在るでしょう。他にも免疫力の低下をして様々な病気にかかりやすくなる状態にもなることが在りますので注意してください。そして、精神的に滅入ることになり、うつ病や不眠症などの症状も出てくることが在りますので注意しましょう。ちなみに、上記で説明しているように元から在った症状が悪化することも多々在りますので注意してください。

 
このようにシックカー症候群で大変なことになる場合が在りますので、出来るだけシックカー症候群の対策をするようにしましょうね。非常に重篤な症状がみられた場合、はっきりと自覚症状が現れるようなこともあるので、きっちりと防げることは防ぐようにしておくことが望ましいといえます。放置しておいても、症状が一向に改善しないこともあるので、出来る限りきっちりとした対応策を講じられるようにしておくのが望ましい方法でもあります。

 

 

 

運転手のシックカー症候群に注意

シックカー症候群に一番注意しないといけないのが運転手です。運転手の人は、注意して身体の状態を確認してください。

 
運転手がシックカー症候群の症状を起こすと大変危険です。どう危険かというと、正常に運転をすることができません。症状に関してはここでは説明しませんが、運転の集中力を妨げる症状が多く、そのまま運転していると事故を起こして2次災害になる場合が在りますので注意してください。だから、出来るだけシックカー症候群の症状が出た場合は、運転を辞めて症状が落ち着くまで待つようにしましょう。その際に自動車の中に居ないで外に出ることを強くオススメしますね。

 
運転手がシックカー症候群を起こすとかなり危険な状態になります。搭乗者のみならず、周りの人に多大に危険な状態にするので注意してください。実際に運転していて、ふらふらする、などの症状が現れてしまうと、非常に危険な状態で運転していることになります。そのような状況は早期の段階で避けるようにしておくことが、より望ましいといえます。放置すると、病状がさらに悪化してしまう危険があるので、十分に対策を講じられるようにしておくことで、病気の予防にも役立てることができるようになります。

 

 

 

 

 

2次災害について

シックカー症候群の危険性で一番注意しないといけないのが2次被害です。これをしっかりと注意していないと大変なことになりますので注意してください。

 
2次被害を起こしやすい運転手です。この運転手がシックカー症候群を発症すると大変なことになるでしょう。主にシックカー症候群は、めまい、微熱、頭がぼーとすると言った症状を出しますね。そして、その中で危険なのがめまいと頭がぼーとすることでしょう。めまいは完全に運転中に起こすと危険極まりません。場合によっては前方不注意で大変なことになります。そして、頭がぼーとする症状は、判断力を著しく下げ走行するのが困難になりますので、このような症状が出た場合は、自動車から出た方が良いです。

 
このような症状が出た状態で運転し続けると2次被害を起こす確率がかなり高くなるので注意してください。完全に防ぐことはできませんが、まず車内の空気を換気する、症状が発生したら、意識して車の外に出る、などを続けることによって、症状を緩和することができるケースがあります。ただし、放置しておくと事故にもつながる危険があるので、決して無理はしないでください。安全運転の観点からみると、かなり危険なので、そのあたりの時情も考慮しておくとよいでしょう。

 

 

 

危険性

a0002_004055

 

シックカー症候群の危険性としては、いままで症状が無かった人でも普通に自動車に乗っているだけで発症する点です。これは、シックハウスと同じ様な状態ですが、シックハウスよりも空間が狭いので結構危険でしょう。

 
シックカー症候群の危険なところが狭い空間で発症することで、症状が段々出てきて最終的に結構体がだるくなるので注意しないといけません。特に長時間の走行をすると致命的でしょう。ハッキリ言って辛すぎて自動車に乗っているのも辛くなりますので、そうなる前に対策をするのが良いですね。ミュゼ 八王子店舗情報はこちらです。下手に長時間そのような状態になると大変なことになりますので注意してください。そして、ここで最も注意しないといけないのが運転手です。必ず体に不調が出てきた場合は対策をしましょうね。

 
無理に放置しておくと、さらに悪化する可能性がある病気です。車から一度離れる時間があれば、車に起因しているのか、ということが分かりますが社用車などでこの症状が発生すると、何が原因なのか、自分自身では分からないケースもあります。よく症状などを観察して、無理をしないように注意してください。嘔吐、けいれんなど症状が悪化していくときには、特に注意してください。

 

 

 

対策

シックカー症候群は自動車の車内における危険な症状とされていますが、これは、あのシックハウス症候群と同じものであるにもかかわらず、ハウスの方ばかり が取り上げられて自動車の方はあまり有名になることはありません。何故かと言うと、この実例が今の自動車においてはあまり見られないからです。
 

しかし、有 名で無いだけで実際にこの症状が起こる可能性が自分の車にもある、と言うことは忘れてはいけません。何故あまり有名にならないのかと言うと、そもそも新車 としてその自動車が売り出されはじめる前から、自動車メーカーがシックカー症候群の対策を取っているからです。シックカー症候群をふせぐために自動車メー カーはいろいろな対策をしています。

 

たとえば、トヨタはVDCの発生しない部品を自動車に採用していたり、マツダはVDCの除去剤を加えた空気清浄フィル ターをオプションパーツに設定しました。三菱では天井にホルムアルデヒドを吸収する材質を使用しています。また、シックカー症候群の症状であるくしゃみや めまいなどが自動車を運転していて出てきた場合には、ドライビングのときに窓を開けて換気をしたり、あまり運転をしないように心がけるなどと言うことが個 人の対策となっています。

 

 

 

 

 

症状

新築の家において、めまいやくしゃみ、頭痛や発疹などの症状があらわれたことがあるのであれば、それはシックハウス症候群と言っても良いでしょう。これは 新築の家だからこそ有機化合物などが気化しやすくなって、その結果として人体に悪影響をおよぼす有機化合物が鼻や口などを通して人体に入り込んで、このよ うな症状が出るのです。

 

そしてこれはこう言った住宅の中だけではなく、自動車の中においても同じようなメカニズムで同じような症状があらわれるのです。こ れをシックカー症候群と呼びますが、これは同じように自動車の車内において揮発性の有機化合物が使われているので、中古車ならまだしも新車を購入したとき には注意が必要です。さらに高級車でも革張りのシートなどにこうした化合物がふくまれているので、それが気化することによってめまいなどの症状が起こりま す。

 

さらにそれだけではなくこうした症状から注意力が低下したり意識の低下もありえることなので、重大な事故につながるリスクも増えます。なので、ただの めまいや頭痛だと言ってガマンして運転を続けようとすると、取り返しのつかない大きな事故を引き起こしたりしてしまう可能性もじゅうぶんに考えられるので す。

 

 

 
ミュゼ横浜でワキ脱毛
 

 

原因

運転中にめまいや頭痛、意識の低下などの症状につながるのがシックカー症候群と呼ばれるものです。家の中において同じような症状が起こるのがシックハウス 症候群と呼ばれており、それの自動車バージョンですからシックカー症候群と呼ばれています。これは自動車メーカーが、新車として売り出す前に事前に材質な どに工夫を凝らしてなるべく症候群にならないようにしているので話題になることもありませんが、実際に症状が起こっているのは事実なのです。

 

ではどうして このシックカー症候群になるのか原因を調べてみると、それは自動車の内装に使われている揮発性有機化合物(VDC)が原因です。揮発性有機化合物は車の シートや内張りなどに使用されていることがとても多く、ドライバーや同乗者がすごく身近に接する部分でもあります。そこから気化した揮発性有機化合物が、 人体へと吸い込まれることによって前述のような症状を引き起こすのです。

 

特にシックハウス症候群の新築の家と同じように、新車の場合においては揮発性有機 化合物が気化しやすく注意が必要です。それから夏場の車内では同じように揮発性有機化合物が気化しやすいですし、高級車は内装に揮発性有機化合物を多く使 うのでシックカー症候群になりやすいのです。

 

 

 

 

 

VOC

VOC(揮発性有機化合物)と呼ばれるものがありますが、これはシックカー症候群の原因となる化学物質であるのです。この化学物質は人体に悪影響をおよぼ すものであり、それが自動車の中の材料に使われていることによって、シックカー症候群が起こるというわけなのです。

 

揮発性有機化合物にもいろいろあります が、今の時代において確認されているものは全部でだいたい900種類あり、そのうちの大体300種類が人体に悪影響をおよぼす揮発性有機化合物とされてい ます。そしてなんと、このうちのだいたい250種類が自動車の製品に使われていると言うのですから、シックカー症候群になってしまうのも無理はありませ ん。

 

この揮発性有機化合物が使われている自動車の材料は主に車内にあり、車内はドライバーや同乗者がいる場所になりますから人体に悪影響をおよぼす揮発性 有機化合物を吸い込みやすくなってしまいます。たとえば、高級車においてウッドパネルを使用していたり、革張りのシートなどを使用しているとその中に揮発 性有機化合物がふくまれているのでこの症状になりやすくなります。おもな揮発性有機化合物はエチルベンゼン、トルエン、ホルムアルデヒドなどがあります。

 

 

 

 

 

症状と対策法

シックハウス症候群は家の中にいるときに、めまいや微熱、頭痛と言った症状が起こることです。それが自動車の中で起こるようになると、その名前もシック カー症候群と言う呼び名に変わるのです。シックカー症候群は聞き覚えの無いと言う人が大半でありますが、これは前述の通りシックハウス症候群と同じもので ありますし、その上停車しているときよりも運転中に起こることのほうが圧倒的に多いのです。

 

そしてこのような状態が運転中に起こったとなれば、意識の低下 や注意力の低下につながるので、大きな事故を引き起こして取り返しのつかないことになってしまうことも考えられるのです。なので、これらを防ぐために自動 車メーカーがそれぞれ、症状の原因となる化合物を発生させないような内装の材質を使ったりして対策していたりするので、あまりシックハウス症候群と違って 話題にのぼることが無いのです。

 

ですが、実際に症状が発生することはもちろんありますから、運転中に換気をして車内の空気を入れ替えたり、運転し続けるの ではなくたまに外の空気を吸いに車の外へ出るなどと言う個人での対策も必要になるのです。そうすることで、シックカー症候群による自動車の事故やトラブル を防ぐことが出来るのです。