危険性

a0002_004055

 

シックカー症候群の危険性としては、いままで症状が無かった人でも普通に自動車に乗っているだけで発症する点です。これは、シックハウスと同じ様な状態ですが、シックハウスよりも空間が狭いので結構危険でしょう。

 
シックカー症候群の危険なところが狭い空間で発症することで、症状が段々出てきて最終的に結構体がだるくなるので注意しないといけません。特に長時間の走行をすると致命的でしょう。ハッキリ言って辛すぎて自動車に乗っているのも辛くなりますので、そうなる前に対策をするのが良いですね。ミュゼ 八王子店舗情報はこちらです。下手に長時間そのような状態になると大変なことになりますので注意してください。そして、ここで最も注意しないといけないのが運転手です。必ず体に不調が出てきた場合は対策をしましょうね。

 
無理に放置しておくと、さらに悪化する可能性がある病気です。車から一度離れる時間があれば、車に起因しているのか、ということが分かりますが社用車などでこの症状が発生すると、何が原因なのか、自分自身では分からないケースもあります。よく症状などを観察して、無理をしないように注意してください。嘔吐、けいれんなど症状が悪化していくときには、特に注意してください。