症状と対策法

シックハウス症候群は家の中にいるときに、めまいや微熱、頭痛と言った症状が起こることです。それが自動車の中で起こるようになると、その名前もシック カー症候群と言う呼び名に変わるのです。シックカー症候群は聞き覚えの無いと言う人が大半でありますが、これは前述の通りシックハウス症候群と同じもので ありますし、その上停車しているときよりも運転中に起こることのほうが圧倒的に多いのです。

 

そしてこのような状態が運転中に起こったとなれば、意識の低下 や注意力の低下につながるので、大きな事故を引き起こして取り返しのつかないことになってしまうことも考えられるのです。なので、これらを防ぐために自動 車メーカーがそれぞれ、症状の原因となる化合物を発生させないような内装の材質を使ったりして対策していたりするので、あまりシックハウス症候群と違って 話題にのぼることが無いのです。

 

ですが、実際に症状が発生することはもちろんありますから、運転中に換気をして車内の空気を入れ替えたり、運転し続けるの ではなくたまに外の空気を吸いに車の外へ出るなどと言う個人での対策も必要になるのです。そうすることで、シックカー症候群による自動車の事故やトラブル を防ぐことが出来るのです。